【エリートヤンキー三郎】本当に恐いヤンキーは普通の格好をしている

1巻から読み出すと、その独特な絵に吸い込まれるだろう。

「エリートヤンキー三郎」は、全国屈指の不良校である私立徳丸学園高校に、主人公の大河内三郎が入学するところから始まる。

三郎は見た目は大人しいどこにでもいる高校生だが、その兄である長男・大河内一郎と次男・大河内二郎がとにかく極悪で、徳丸高校を仕切っていた。

そんな教師も逆らえない極道兄弟の三男として入学してきた三郎は、まさにヤンキーのエリートコースが用意されており、同級生たちは入学直後から三郎にビビりまくっていた。

ただ、実は三郎は普通に高校生活を送りたい、内気な高校生だったのだ。

つまり、ヤンキーと言えど、主人公自身はヤンキーでも何でもない。

その家族や同級生などの周囲にいる人間が悪い連中なのだった。

 

三郎軍団

とにかく兄たちとは別の高校に進学したかった三郎だったが、勉強を頑張っても徳丸学園しか合格できなかった。

ただでさえヤンキーが集まる徳丸高校に、そこを仕切る兄たちの末っ子が入学するため、入学当初から教師からは目をつけられ、同級生たちからはビビリまくられていた三郎。

なるべくヤンキーの同級生たちとは距離を置き、おとなしそうな同級生に話しかけて友達になろうとするのだが、みんな怖がって普通に接してはくれない。

結局ヤンキーたちが三郎を慕って付いてくるようになる。

これが三郎率いる「三郎軍団」と言われ、ついには上級生からも文句を言われることがなくなる。

まさに三郎はヤンキーのトップとなることが宿命だったのだ。

 

河合星矢

自称「三郎軍団ナンバー2」の河合星矢。

この男なくして、この漫画は成立しないと言ってもいいだろう。

おそらく漫画史上最もゲスい男。

最初は総長(三郎)に忠誠を誓う、ただの不良のように見せていたが、徐々にそのゲスい人間性がバレてしまうことになる。

もう顔面のインパクトが抜群だ。

トサカ頭。ピアスいっぱい。頬骨すごい。歯が4本。

そして好きな物は金と酒。

喜怒哀楽が激しく、大儲けした時などは、これ以上ないぐらいゲスな表情で大喜びをするが、うまくいっていない時はたいてい教室で飲んだくれている。

 

新しい形のヤンキー漫画

このように、三郎はごくごく普通の高校生?なのだが、その取り巻きたちが変人ばかりでおもしろい。

河合星矢をはじめ、三郎親衛隊の石井武、オオカミ少年の前田直也、いつの間にか「オウヨ!」としか言えなくなった福士譲など、この漫画にはまともな人物は一人として存在しない。

全員頭がぶっとんでいるのだ。

そんなこれまでのヤンキー漫画には無かったストーリーと独特な絵が合わさって、何とも奇妙な世界観で「エリートヤンキー三郎」は描かれている。

とにかく登場人物が全員変人という新しい形のヤンキー漫画が出来上がっており、非常に笑える作品で見事にハマってしまった。

 

この漫画から学ぶことは2つ。

徳丸学園には絶対入学してはいけないということと、大河内家には生まれてはいけないということだ。

 

 
#エリートヤンキー三郎 #阿部秀司 #週刊ヤングマガジン #大河内三郎 #大河内一郎 #大河内二郎 #河合星矢 #石井武 #福士譲 #前田直也 #関雲竜 #浅井春菜 #三郎軍団 #徳丸学園 #流星会

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。