【疾風の軍師 -黒田官兵衛-】天才軍師から世渡りの戦略を学ぶ

日本における天才軍師は誰か。

間違いなく黒田官兵衛の名は挙がるだろう。

織田信長の死後、秀吉を天下人にしたのは官兵衛の力が大きかったといえる。

 

近年、黒田官兵衛が注目されるようになり、大河ドラマや小説でも主役となる機会が多くなってきた。

官兵衛のような軍師は、戦国の舞台においては縁の下の力持ちかもしれないが、いくさの勝敗は彼らの頭脳で決まると言っても過言ではない。

やはり彼らをピックアップした物語はおもしろいのだ。

 

『疾風の軍師 -黒田官兵衛-』は、黒田官兵衛が登場する他の作品と比べてファンタジー感はやや強い。

何と言っても、官兵衛が男前過ぎる。そして剣の腕もあるため、そこそこの猛者は本人が倒してしまう。

本作の官兵衛は風を読み、あらゆる戦いに勝利してしまうのだ。

このような設定であるため、どうしても現実との乖離は否めないものの本筋は史実に基づいており、官兵衛のような軍師がいかに戦国時代で重要な役割を担っていたかがよくわかる。

 

豊臣秀吉は農民から関白にまでなった人物であり、歴史上、彼ほど出世した人物はまずいない。

もちろん秀吉本人の人間力や運も大きいのだが、彼の前期を支えた軍師の竹中半兵衛や、後期を支えた黒田官兵衛がいなければ天下統一は難しかったのではないだろうか。

中国史においては、諸葛亮や司馬懿などの天才軍師が数多く存在するが、彼らはとにかく頭が良くて、その戦略や考え方に魅了されてしまう。

 

いくさでなくても、歴史上の軍師たちから学んで現代社会で応用できる場面は多い。

社会での交渉や日常でのかけひきなどは、刀が無いだけで現代における戦いなのだ。

こんな場面で官兵衛ならどうするか。ぜひとも軍師的な考え方で、恋愛や出世競争など現代の様々な場面を勝ち抜いていってほしい。

婚活パーティでも使えるかもね(笑)

 

#疾風の軍師 #原哲夫 #堀江信彦 #八津弘幸 #山田俊明 #月刊コミックゼノン #黒田官兵衛 #善助 #志織 #小寺職隆 #赤松政秀 #織田信長 #豊臣秀吉 #竹中半兵衛

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。