【20世紀少年】これはただのオカルト漫画か、それとも現実の”よげんの書”か

正式なタイトルは『本格科学冒険漫画 20世紀少年』であり、続編の『本格科学冒険漫画 21世紀少年』でストーリーが完結している。

20数巻の漫画でありながら、壮大な物語が詰まっている良い漫画だ。

映画化もして、海外でも多くの賞を受賞しており、とにかく売れに売れたのだ。

物語としては、高度経済成長期の夢に満ち溢れた時代を生きた少年たちが、大人になって経済は停滞し、世の中はオカルトブームや殺人ウィルスの流行、さらには世界滅亡の危機へと追い込まれていく。

その世界滅亡へと誘う黒幕が、オカルト信者を虜にする”ともだち”と呼ばれる人物だったのだ。

 

20世紀に少年時代を過ごした主人公のケンヂたちは、”ともだち”が目論む地球滅亡計画について、あることに気付く。

世の中で起きる奇怪な出来事は、ケンヂ達が少年時代に遊びで描いた「よげんの書」のとおりになっているのだ。

この「よげんの書」の内容通り、サンフランシスコや大阪で細菌兵器が散布され、さらには羽田空港の爆破や巨大ロボットが襲来する。

とにかく序盤は謎が多く、ケンヂたちも大人になっているので、少年時代のことはほとんど覚えていない。

ただし、徐々に記憶と共に明らかになっていく。

 

このオカルト的な要素がとにかくおもしろい。

どうして我々はこんなにもオカルトや都市伝説などに魅了されるのだろう。オカルトの他にも、20世紀少年は大阪万博や超能力ブームなど、現実の時代背景をしっかり描いているところ入り込みやすくていい。むしろしっかり描き過ぎてて怖いくらいだ。

例えば、人類を滅亡危機に追い込む殺人ウイルスは、現実世界でアフリカを中心に流行し、世界を恐怖に陥れたエボラ出血熱そのものであり、世界大統領が発表した火星移住計画は、環境破壊や戦争で地球に住めなくなった場合に現実でもありえない話ではない。

20世紀少年は、そんな恐怖やロマンを同時に感じさせる漫画だったのだ。

我々は「20世紀少年」をあくまでSF漫画として楽んで読み進め、現実の予言漫画とならないことを祈ろう。

 

#20世紀少年 #21世紀少年  #浦沢直樹 #ビッグコミックスピリッツ #遠藤ケンヂ #遠藤カンナ #オッチョ #ユキジ #ヨシツネ #マルオ #モンちゃん #ケロヨン #ドンキー #フクベエ #サダキヨ #ともだち #よげんの書

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です