【善悪の屑】凶悪事件の犯罪者たちに、被害者に代わって復讐するぞ

「善悪の屑(ぜんあくのくず)」は何かと話題となった漫画だ。

法で裁くことのできない凶悪犯罪者に対して復讐の代行を行う2人組の通称カモとトラの話。

残虐な描写や、私刑を正当化するようなストーリー展開から不健全図書に指定される。

さらには第2部の「外道の歌」の実写映画化が決まっていたにも拘わらず、主演の俳優が強制性交容疑で逮捕され、公開中止になるなど色んな意味で注目された漫画である。

 

現実に起きた事件

この漫画の大きな特徴は、現実で起きた事件を脚色しているところである。

連日報道されていた残虐な事件に、当事者はもちろん、事件とは無関係であっても犯人に憤りを覚えることは少なくないのではないだろうか。

「善悪の屑」の物語は、そのような実際に起きた事件を脚色し、非常にリアリティを持たせて描写している。

加害者だけではなく、被害者の辛い心情が描かれることで、さらに読者は感情移入させられてしまうのだ。

 

復讐屋

実在する犯人たちは、もちろん法によって裁かれているが、凶悪な殺人犯も刑期を終えてごく普通に暮らしていたり、ひどい場合には執行猶予が付いたり、中には逮捕すらされないケースもある。

そんな犯人たちに、加害者たちはどんな気持ちを抱いているのだろうか。

我々はニュース報道で見た表向きの情報しか入れることができず、実際の被害者の心情や、加害者がその後どうなっているかを深くは知ることができない。

判決に納得ができない被害者や遺族はやり場のない憤りと共に、悲しみを一生背負っていきていく。

そこで、復讐屋であるカモに依頼が来て、犯人たちに私刑を執行するのだ。

もちろんこのような私刑は、日本のような法治国家においては違法であり、絶対にしてはいけないことだが、被害者や遺族の気持ちを考えるとどうしても強く否定できないものである。

 

目には目を

基本的にカモたちは、加害者が被害者に与えた苦しみと相応の裁きを行う。

つまり、”目には目を”、”やられたらやり返す”の『ハンムラビ法典』をもとに私刑を執行している。

したがって、殺人犯へは被害者同等の苦しみを与えて殺すことになる。

彼らが受ける依頼には凶悪な犯罪が多く含まれているため、必然的にカモたちの”私刑”は残虐極まりないものなのだ。

ただ、実際の被害者や遺族たちはそれを望んでいるケースが多く、カモはその望みに応えて私刑を執行する。

この私刑がグロテスク過ぎるのだが、加害者はそれ相応の危害を被害者に対して与えているため、因果応報なのである。

 

私刑の賛否

何度も繰り返すが「私刑」は絶対やってはいけない。

これを認め出したら、国家の治安が保たれることは無くなる。

しかし、一部の犯罪者は十分な法の裁きを受けず、何年かしたら出所してのうのうと生きているケースがあるのは事実だ。

そう考えると、事件の被害者や遺族たちが憤りを感じるのは無理もない。実際に、加害者に対しての有罪判決が不服として訴える続けている被害者も多いのだ。

つまり、現代日本の刑罰が比較的軽いのではないかと考えられる。

どちらかと言えば、判決に”温情”を持たせることが多く、加害者側に重きを置かれたケースが多いのではないか。

ただ、他国では簡単に死刑判決が出る国もあるため、過度な裁きも決して指示することはできない。

 

このように、カモたちが行う私刑に関しては賛否あるだろうが、少なくとも「善悪の屑」を読んで、今より被害者の気持ちを理解することはできるだろう。

ちなみにグラサンの主人公・カモこと鴨ノ目武(かものめ たけし)は一切笑うことがなく怖い印象だが、時折、かわいい一面を見せることがあるので妙に好感が持てる。

もちろんカモも人間であり、無表情の裏には辛い過去があり、素直に笑えなくなった理由があるのだ。

その理由は、第2部「外道の歌」で明かされる。

 

#善悪の屑 #外道の歌 #渡邊ダイスケ #鴨ノ目武 #島田虎信 #榎加世子 #園田夢二

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。