【上京アフロ田中】アフロ田中がWOWOWでドラマ化してるってよ

われらがアフロ田中がドラマ化していたのか。知らんかった。

アフロ田中シリーズは続き過ぎて、第1作「高校アフロ田中」から遂に第6作「結婚アフロ田中」までいってしまった。

それほど人気な漫画というわけで、テレビドラマも非常に楽しみだ。

 

「上京アフロ田中」はシリーズ第3作であり、前作の「中退アフロ田中」でトラックの運ちゃんをしていた田中が、埼玉県から上京してトンネル掘りの土木作業員になってからの物語だ。

上京して大きく変わったのが、これまで地元でつるんでいたメンバーである岡本、村田、大沢、井上、との関わりが極端に減って、新しい職場・旭工務店の先輩や同僚との関わりが増えたことである。

今回の主要メンバーは旭工務店の鈴木シンジ、西田シンジ、高橋進であり、彼らがまた最高なのだ。

↓勝手に田中の鼻毛カッターを使う西田

 

こんなゆかいなメンバーと共にいろんな遊びを覚え、トンネル掘りの肉体労働に勤しむのだ。

ほとんど遊んでるシーンばかりだが、トンネル掘りが到達(開通)する日に、鈴木がためになる話を言っていた。

 

鈴木いわく、トンネルには女性の神様がいて、トンネルを掘り始める日と掘り終わる日にSEXをすると、神様が嫉妬して穴から水が噴き出してしまうそうな。

ただの迷信やゲン担ぎのようなものだが、トンネル作業員はこの日のSEXを控えるそうだ。

誰が言い出した話なのかはわからないが、おもしろい話である。

ただ、彼らがトンネル開通する前日に、田中と西田が誤って鈴木の部屋にデリバリーヘルスを呼んでしまうというアクシデントが発生するのだが・・・。

 

とにかく、上京しても田中は新たなおもしろいメンバーと楽しい日常を送るのだ。

もちろん、高校時代の仲間たちとの触れ合いもあり、恋愛要素も多くなっているので今回も名作だ。

 

#上京アフロ田中 #のりつけ雅春 #ビッグコミックスピリッツ #旭工務店 #田中広 #鈴木シンジ #西田シンジ #高橋進 #丸井みえ子 #田畑かおる #マキ #ナオミ28歳

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です