【ジョジョの奇妙な冒険 -戦闘潮流-(第2部)】波紋の戦士時代のジョジョも最高だった

『ジョジョの奇妙な冒険 -戦闘潮流-(第2部)』は、単行本5~12巻に収録されており、1部のファントムブラッドの続編となる。

1部のジョナサン・ジョースターの孫にあたるジョセフ・ジョースターが今回の主人公なのだ。

2部は1部に引き続き波紋によるバトルになるのだが、個人的にはこの2部はめちゃくちゃお気に入りだ。

ジョジョと言えばスタンド(幽波紋)が主流になってきているが、ジョジョは波紋時代のファンも多いのだ。

 

ジョセフ・ジョースター

舞台はニューヨークから始まり、1部から50年経った1938年という第二次世界大戦間近という時代背景となっている。

そして、1部のジョナサンは真面目な紳士なのだが、2部のジョセフはプータローのちゃらんぽらんで、かなり口も悪い。

ただ、持っているポテンシャルは高く、かなりワイルドな存在だ。

 

戦時中の時代背景

2部のジョジョのいいところは、現実の時代背景とリンクさせているところである。

時代背景としては、第二次世界大戦直前の1938年であり、大日本帝国はアジア圏での領土拡大を目論み、ドイツではヒトラー率いるナチ党が第一党として台頭していた時代である。

2部の物語は、ナチス・ドイツが軍事目的により古代生物である「サンタナ」を蘇らせてしまったことにより始まる。

この古代生物は他にも「ワムウ」、「エシディシ」、そして石仮面を作り出した最強生物の「カーズ」がおり、ジョジョたちが闘うことになるのだ。

この古代生物を蘇らせてしまった張本人が、ナチスのシュトロハイムだ。

 

シュトロハイムという男

この男がいらんことをしてしまったがために、人類滅亡の危機になってしまった。

シュトロハイムはただの馬鹿野郎だ。

彼はジョセフに小馬鹿にされるなど、本当にしょうもない男だと思っていた。

しかし、彼はナチスの将校として彼なりに義に熱い男であり、サンタナとのバトルではサンタナを殺すために、自身の脚を斧で切れとジョセフに命じ、実際に切断させた。

これは2部では最も熱いシーンだと言っていい。

忠義のため、命を懸ける決意は本物だった。

 

ジョジョという大河ドラマ

そんなことで、古代生物である「柱の男」たち退治が始まり、波紋での熱いバトルが繰り広げられる。

何と言っても、1部で登場したスピードワゴン(もうじいさんになっている)やリサリサ(波紋使いの美女)、シーザー・アントニオ・ツェペリ(ウィル・アントニオ・ツェペリの孫)がなどの個性豊かなキャラクターたちが今回もたくさん登場するので、そこにも注目してほしい。

 

この2部より、ジョナサン・ジョースターの末裔の壮大な物語が出来上がっていく。

ジョジョという名の大河ドラマは、まずジョセフが大暴れするところから始まるのだ。

ここから歴代ジョジョの性格の違い、個性にも注目してもらいたい。

 

    

   
#ジョジョの奇妙な冒険 #荒木飛呂彦 #週刊少年ジャンプ #ジョセフ・ジョースター #スピードワゴン #リサリサ #シーザー・A・ツェペリ #スージーQ #シュトロハイム #ストレイツォ #エイジャの赤石 #柱の男 #サンタナ #ワムウ #エシディシ #カーズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。