【前略 雲の上より】飛行機・空港オタクは素晴らしく変態的だった

飛行機や空港がテーマの漫画でどうなのだろう。と、思っていたら恐れ入った。

おもしろすぎるではないか。

 

主人公は、意識高い系の今どき若手社員の桐谷である。

その桐谷が、飛行機・空港オタクである課長の竹内から、なぜか出張の度に飛行機や空港のことでダメ出しを受ける。(仕事とは関係ない)

 

そして竹内課長はなぜか桐谷を勝手に弟子だと思っており、飛行機・空港オタクとして育てようとしている。

見どころのある若者は、山口宇部空港へトレーニングとして連れていったりするのだ。

何のトレーニングか、何を目指して育てているのかは不明である。

桐谷にとってはいい迷惑だが、課長はさすが変態といえるほどのマニアなので、かなり飛行機や空港のことに詳しいので非常に勉強になるのだ。

 

飛行機とはめちゃくちゃ奥の深いものだった。

そして、空港は毎日来ても飽きないほど楽しめるものであり、一種のテーマパークだったのだ。

ちなみに課長は羽田空港から30分圏内に住んでおり、ほぼ毎日空港に通っている。

 

このコワモテ課長のキャラがめっちゃいい。

ただ、飛行機や空港を愛し過ぎていて、たまに関係のない人にまでめっちゃ怒る。

 

飛行機や空港というピンポイントに絞った題材でこれほどおもしろいとは恐れ入った。

正直、侮っていた。

 

少しでも飛行機や空港に興味がある人はぜひ読んでほしい。

課長がその素晴らしさを死ぬほど教えてくれるので、絶対に飛行機に乗りたくなるし、空港に行きたくなるはずだ。

 

#羽田空港 #成田国際空港 #セントレア #関西国際空港 #新千歳空港 #那覇空港 #ボーイング #JAL #ANA #ファーストクラス #ビジネスクラス #前略雲の上より #竹本真 #猪乙くろ #イブニング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。