【GANTZ (ガンツ)】てめえ達の命は無くなりました。・・・という理屈なわけだす。

死んだと思ったら突然謎の場所へ。

訳のわからないまま、訳のわからない星人と闘わされる運命に。

それがGANTZ(ガンツ)なのだ。

GANTZとは何か?

そもそもGANTZってなんぞや?って感じだが、ガンツは正体不明の黒い球体である。

なぜか、突然謎の部屋に転送されて、この球体にミッションを告げられるのだ。

そして、奇妙なスーツを着せられ、ふざけた強敵と闘わされる。

なぜ、登場人物たちが闘わされているのか。

めちゃめちゃ続きが気になるストーリー展開で、どんどん読み進めてしまう。

そして、闘いの中で生まれる恋愛模様やエロス。

ただし、ガンツが何を目的として、このようなミッションを出しているのかは不明だ。

GANTZからの謎のメッセージ

ガンツは、表面に文字を浮かべてミッションやメッセージを伝えるのだが、ガンツ特有の“ガンツ文字”なるものを扱う。

例えば、「それでは」は「それぢわ」といい、「さ」は「ち」などで表している。そして、かなり口が悪い。

生きるか死ぬかの闘いなので、基本的にシリアスな雰囲気になっているのに、ガンツのみが結構ふざけたことを言ったりしているので(ガンツ特有のガンツ文字を扱う)、それで肩の力が抜けることがある。

そのような緊張と緩和があって非常に楽しめるのだ。

個性的な敵たち

ガンツで登場する敵は、そのビジュアルが個性的で、のっけからインパクト大である。

正直敵なのか判断が難しい見た目をしている者もいる。

ガンツを読むんでいると、他の漫画に登場する敵は、一目で敵とわかるようにしてくれてたんだと感じてしまう。

 

ちなみにGANTZは映画のクオリティがかなり高く、漫画・映画共に大ヒットとなっている。

映画もかなりおもしろいが、原作の漫画のクオリティも最高なので、ぜひ原作から読んでほしい。

それぢわ、あのふざけたガンツの正体を知るために、ぜひ漫画を読んでくだちい。

 

#GANTZ #奥浩哉 #ガンツ #玄野計 #加藤勝 #小島多恵 #ねぎ星人 #ぬらりひょん #ラジオ体操

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。