【グラゼニ~東京ドーム編~】新ジャンルの野球漫画は第二弾も勢いが止まらない

「グラウンドにはゼニが埋まっている」という意味のグラゼニ。

主人公の凡田夏之介が、東京ドームが本拠地の「文京モップス」に移籍して始まる前作「グラゼニ」の続編である。

凡田って、連載当初はプロ野球選手として、そこまで活躍するような選手にはならないんだろうな

って思ってたけど、いつの間にかスター選手になってきたような。

 

年棒もどんどん上がってきた。

まさにグラゼニ。

 

おそらく、前作で所属していた「神宮スパイダーズ」が現在の東京ヤクルトスワローズで、

今回移籍してきた「文京モップス」が読売ジャイアンツという位置付けだろう。

読売ジャイアンツと聞けば、年棒が上昇したことも想像がつきやすいのではないか。

 

ただし、凡田夏之介は「MAJOR」の茂野吾郎や、大谷翔平のようなスター選手とは程遠い。

おせじでもイケメンとは言い難い主役である。

そこが今までにない野球漫画として、おもしろいポイントだろう。

なんか応援したくなる夏之介。

 

最近気付いたんだが、凡田夏之介(ボンダナツノスケ)の凡田って、「凡打」って意味なのかな。

バシバシと三振を奪えるような選手ではないが、地味に凡打の山を築いてチームを勝利へ導く。

やっぱり応援したくなるぜ、夏之介。

今後、スーパースターになっていくのか、はたまた急に怪我して引退とかになるのかわからないが、現在「グラゼニ~パリーグ編~」まで続いてるから、皆で応援しよう。

 

グラゼニを読めば、プロ野球の選手の裏事情だけでなく、監督やコーチ、解説者や引退後の選手のことまでわかるから、プロ野球が何倍もおもしろく観れるのは間違いない。

 

#グラゼニ #東京ドーム編

#森高夕次  #足立金太郎

#週刊モーニング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です