【罪と罰】漫☆画太郎の問題作中の問題作がここに降臨

子どもの頃から漫☆画太郎作品のファンだが、今回は問題作中の問題作、「罪と罰」。

フョードル・ドストエフスキーの「罪と罰」を誇張して(?)というより、かなり捻じ曲げて出来上がったのがこのマンガ。

漫☆画太郎は不定でペンネームが変わるため、この作品は「漫F画太郎」名義になっている。

 

毎回、絵とストーリーに度肝抜かれながら、大爆笑させてもらっているが、これは過去最高にぶっとんでいて個人的には心に深く残るマンガだった。

(人によってはそれをトラウマを言うのかもしれない・・・)

あ、もちろん漫☆画太郎マンガのレギュラーであるクソババアもしっかり登場する(笑)

本家の「罪と罰」は周知のとおり名作中の名作だ。

一応、本家のストーリーをたどっている部分もあるといえばあるから、本家を知っているとなお良いかもしれない。

(といっても、途中から全然関係なくなって、ぶっとんでいくのだが)

本家のファンからいつか怒られるかもしれない。

 

でも個人的には、本家の「罪と罰」も、漫☆画太郎の「罪と罰」どちらも名作だと思う。

またマンガ史に歴史が刻まれた。

 

#罪と罰 #ドストエフスキー

#漫☆画太郎 #漫F画太郎 #ババア

#ジャンプ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。