【バクマン。】あのラッキーマンの作者??大場つぐみはやっぱりストーリーを作らせたら日本一なんだなぁ


2010年、マンガ大賞3位。

2015年、佐藤健・神木隆之介のW主演で実写映画化。

かなりヒットした作品で、知っている人も多いと思うが、改めて薦めさせていただく。

これは漫画家が主役の漫画であり、連載する雑誌は少年ジャンプが舞台となっている。
つまり、ジャンプ編集部の裏側などが事細かにわかり、ジャンプの漫画家のリアルな心境がわかってくる。

天才コンビ

主人公は叔父に漫画家をもつ真城最高(以下・サイコー)と作家志望の高木秋人(以下・シュージン)の二人の同級生で、彼らが組んでジャンプの連載を目指すというもの。

二人ともそれぞれ天才なんだよね。

サイコーはストイックで作画を描くのがとにかく上手い。そしてシュージンはストーリーを作る天才。
このような二人が組むと、すごい漫画が生まれるのは必然である。

この「バクマン。」自体も原作・大場つぐみ、作画・小畑健という二人の天才が描いている。

一部は彼ら自身を模写した形となっているのではないだろうか。

作者・大場つぐみの正体とは

特にこの大場つぐみさんは、私にとって思い入れが強い。

というのも、大場つぐみさんはかつて少年ジャンプで連載していた「とっても!ラッキーマン」の作者ではないかと都市伝説的にまことしやかに囁かれている。

大場つぐみさんは話をつくる天才なんですよね。
ただ、絵が苦手なようで、それを理由にかなりの作品をボツにされてきたとか。

ボツネタはバツの書かれた箱に入れられ、そのような作品を繰り返すと大バツ組(おおばつぐみ)と呼ばれるとかなんとか。

ちなみにあの「デスノート」も大場つぐみ・小畑健のタッグで描かれた作品である。
つまり、ストーリー作りの天才・大場つぐみに絵の上手い漫画家がつけば最強になるのである。

私は子どものころ、まわりの皆が一番好きな漫画を「ドラゴンボール」や「スラムダンク」と挙げる中、唯一「ラッキーマン」と言い続けていた。

それぐらい大好きな漫画家だった。

ちなみにBAKUMAN(バクマン)の下の部分を隠すと、

RAKIIMAN(ラッキーマン)になるよね(笑)

 

新妻エイジ

「バクマン。」は登場するキャラクターがとにかくいい。

そして、ライバルが集結する少年漫画界において、15歳でデビューした天才・新妻エイジなどが活躍し、この漫画をより一層おもしろくしている。

「バクマン。」を読んだ人は、だいたいこの新妻エイジの虜になる。

「新妻エイジかっちょええ~。」ってな感じに(笑)

それぐらい、それぞれのキャラクターが満点なんだよね。

漫画家を目指すなら、一度は読むべき

総じて、漫画界の裏側がよくわかる「バクマン。」はおもしろく、漫画家を目指すなら一度は読んでおきたい作品だ。

読者にはわからない漫画家の苦労見えてくる。

 

ただし、裏側を詳しく描くがあまり、少年漫画としては読むのに時間がかかるかもしれない。

最近、少年漫画でも中身が濃いのが多くなってきた気がする。
「ジョジョ」も後半時間かかるよね(笑)

漫画好きなら一度は漫画家になりたいと思ったことがあるのではないだろうか。
そんな人は一度読んでみると、子どもの頃の気持ちがよみがえってくる。

 

#バクマン #大場つぐみ #小畑健 #少年ジャンプ #真城最高 #高木秋人 #亜豆美保 #亜城木夢叶 #新妻エイジ #福田真太 #中井巧朗 #蒼樹紅 #平丸一也 #疑探偵TRAP #走れ!大発タント #REVERSI #CROW #ラッコ11号

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。