【俺はまだ本気出してないだけ】まだ人生迷っているの?そろそろ楽観視して、肩の力を抜いてみてはどうか

現代の生活に疲れたらシズオを見ればいい

まず、「タイトル勝ち」している漫画だと思った。たいていの人は、このタイトルを見たら、とりあえずパラパラと読んでみるんじゃないかな。

物語の主役になるのは表舞台のスターばかりじゃないっす。
表舞台に立つために頑張らなければいけないとわかっていても、一向に行動がともなわなず、社会不適合者のような人物が主役になることがあってもいいのではないか。

誰しもが世間に顔向けできない生活を送っている時期はあると思う。
ただ、シズオはそういう時期であっても、後ろめたさを全く感じない人間である。
むしろポシティブであり、あくまで「俺はまだ本気出してないだけ」である。

 

42歳のおっさん、バツイチ、しかも高校生の娘がいるのに家で仕事もせずにぐうたら(主にテレビゲーム)するのはなかなか根性がいるところ。

毎日、父親の志郎に罵詈雑言を浴びせられつづけても、ビクともしない鋼のメンタル。

うーん、見習っていいのか悪いのか。

まぁ、勤勉な真面目さがいいところでもある日本人だが、一方でその真面目さゆえに自殺者も多い世知辛い昨今。ある意味、シズオの図太さは必要なのかもしれない。
朝イチの通勤電車とか、疲れマックスでこの世の終わりみたいな顔してるサラリーマンが多いよね。
会社に行くのがおっくう。学校に行くのがおっくう。
成れの果ては自滅。

この漫画は、社会生活に憂鬱になっている人には強くおすすめしたい。

なんか、がんばっている人がえらい。 残業する人、休日出勤してまで働く人がえらい。みたいな、悪い風潮はとっとと取り払うべきだ。
人生を最初から最後まで全力疾走できるタフな人なんて稀で、ほとんどの人は息切れしちゃうことだってある。

疲れたら、歩いてもいいんだよ。って、なかなか言われないよね。
がんばらなくていいよって言ってほしいときもある。

ここぞってときに本気を出せばいい。

シズオは疲れたら、堂々と疲れたから休むって言える人で、勇気ある人なんじゃないかな。
体は限界なのに休みたいって言えず、体を壊してまで頑張る人の方が臆病なのかもしれない。

私は、ずっと後者でしたね。
だからこそ、シズオは立派だと思える。

うん、すごい人だ。

ただ、休み過ぎるとシズオのように、娘が生活のために風俗で働き始めるかもしれんが・・・。

そして、シズオのようにそこに来店してしまうかもしれんが・・・。

あ、この漫画ではシズオの周りにいる人に、とてつもなく優しい心の持ち主が多い。
その代表格が娘の鈴子

この娘、天使すぎる。
どんなことがあっても、シズオに底なしの優しさを与える鈴子には、多くの人が心ひかれるだろう。

一つこの漫画で学んだことは、この世で「最も偉い人」というのは、滅私奉公できる人ではなく、特別な地位や名誉を手に入れた人ではなく、、、

「人に優しくできる人」だ。

ということで、人に優しくを心がけ、
疲れたので更新しばらく休みます。

俺はまだ本気出してないだけ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。